桜色の海 うみねこクリア。 忍者ブログ
管理人『さくらえび ちま』の イラスト・活動・その他、 どうでもいいことまで 紹介するブログです。
Admin / Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

maria2.jpg『うみねこ』クリアしました。休みが終わりました(涙)。
ネタバレっぽいことが書いていますので見たくない人はスルーしてください。


感想は色々ありますがまず一つずつ。

まずグロさについて(いきなりそこかい)。
グロさはちまの許容範囲内でした。正直「あ、ここまでの表現だけか」とちょびっと拍子抜けした感じも。
パソゲー(18禁)の『魂響』の妹惨殺状況に比べたらうみねこは全然マシです。

物語について。
あいかわらず惨劇に入ってからの悲劇の連続さは読み応えがありますね。
それぞれのクセのあるキャラたちにようやく慣れてきた矢先に惨劇開始、あれよあれよといううちに終~了~~。
ジェシカのお母さんよく頑張りました。

推理・・とういか。
今回の物語のうち、光った蝶をみたり、なぜか自害する人がいたり。という点を見るとひぐらしの雛見沢症候群に似たものを感じるです。
もしかすると全員なんらかの奇怪な症状に陥っていたような気がしてなりません。
まぁ、推理は多分しても無駄でしょうね。なにせ竜騎士先生の作品ですから、ひぐらしの羽入のように「見えない存在」が”い”る可能性が否定できないので、そう考えると推理は無限になってしまいます。
ヒマな時にぼんやりと考える程度でいいと思うのですよ。

うみねこの物語のモチーフ?
うみねこのモチーフはおそらく(というかほぼ)ダンテの『神曲』から来ているものでしょうね。
神曲にはベアトリーチェという人物がでてくるし。とうか実在する人物なんですね、ベアトリーチェ。24歳の若さで亡くなっているというところも「うみねこ」本編につながりがあるし。
そして神曲のイタリア語での原題が La Divina Commedia神聖なる喜劇(ディヴィーナ・コメディア)
このことから察してうみねこは惨劇というよりも喜劇ということなんでしょう。ひぐらしのような。
そして神曲は『地獄編・煉獄編・天国編』という三部構成だそうです。これもうみねこに当てはめると
地獄編は最初の惨劇、煉獄編は「煉獄の七杭」による惨劇、そして天国編は最後の終演「黄金郷」のことでしょう。
紗音と嘉音に「音」という文字が入っているのも喜劇の曲の一部ということからなんでしょうかね。
ちなみに「煉獄の七杭」は「七つの大罪」からきているようです。「煉獄の七杭」に刻まれた悪魔と「七つの大罪」にあてはめられた悪魔の名前はほぼ一致しているし。

まぁ、なんだかんだいって結論は「おもしろかった」です。
音楽もよかったですよ~。
今後のうみねこに期待します。
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
みゃ~
どうもです~。やっとうみねこを読み終えました和京です~。
しかし、就職活動とバイトと友人から頼まれたシナリオのプロットと平行して読んでたので平均睡眠時間が2時間を切りかけてましたよ。
どおりで疲れるはずです。

さてはて、感想ですが。
まったく推理できなかったというのが正直なところです。
密室トリックとか死体破損の謎とかがさっぱり解けないです。ひぐらしっぽい「見えない誰か」がいるのかな?って感じです。
2話以降でヒントが出るのを待つのみです。

あとは最初の死体発見のシーンの戦人の「俺にも抱きとめてくれる人が…」のセリフにはちょっともらい泣きしそうになりましたよ。ちまさんはどうでした?

グロさに関しては私も許容範囲でした。
というか、友人に頼まれて今作ってるシナリオの方がグロいです(笑

最近はうみねこの鳴き声で起きる事がある和京でした。では。
白薙和京 2007/09/05 10:21 編集
読み終えましたww
うみねこ読み終えました
とってもおもしろかったんですが怖さで言うなら序盤のひぐらしに比べたらそこまでないように感じましたね
それは第一話だからなのかも知れませんが
これからの展開に期待です
竜騎士先生の作品ですからおもしろいのは決まってますが


ちまさんの推理は感銘です
自分が気になったのは真里亞の変化ですね
あれは本当に憧れや尊敬によるものなのか…




2007/09/06 21:56 編集
無題
うみねこはプレイ中で、丁度惨劇開始されたり夏妃さんが疑われたり、戦人がそれをなんとか止めた辺りまで進みました。

と言うか戦人萌え。てかかっこよすぎ。
1話目でこんなかっこよくしちゃっていいの?ってのが本音wまぁまだ途中なのでヘタレ街道まっしぐらなのかも知れないですが。
※と思ったら見事にお疲れ様会で裏切ってくれたw まぁそれでも戦人ラブは変わらず。

うちは推理はしないことにしてます。
それと今回、うちはベアトリーチェは実在すると見て、謎の奇病などは無い、本当にベアトリーチェによる殺人だと見ていたりします。まぁ最後までやってないので穴が出るかも知れないですが。

※で、最後までやった結果、もうお手上げ。
公式HPのストーリーでも「貴方が“魔女”を信じられるまで続く、これは永遠の拷問」とあります。
これはぶっちゃけると「推理なんて無駄だからもう私の存在信じちゃいないよ、You」ってことでしょう。戦人は最後の最後まで否定してましたが。
私はもう信じることにしちゃいましょうかねぇ。しかしあのお方のヒントも気になるし。
確かにいくつかの密室は不可能に見えて実はトリック使えば出来たりします。
密室殺人はトリックじゃない。じゃあそれを証明せよ、魔女の仕業です。では魔女はいるのか? います。ほら、目の前に。ではいないと言うなら証明できるのか? ……(・3・)あるぇー?

まぁたまには魔女に足掻いてみるのも面白いかな。もう一度プレイして退屈な頭の体操をしようじゃないか、くっくっく。
SEENA 2007/09/08 12:21 編集
考えてもわからない。
>白薙和京さま
お疲れ様です~。

謎のほうはさっぱりわかりませんでした。(あぅ
ちまはベアトリーチェは羽入的な存在でいるような気がしますねー。

バトラのあのシーンはちまもけっこうきましたね。ちょうどキャラ達に愛着がでてきた頃だったので。譲治は特にかわいそう。

ちまももう少しグロくてもOKですねー。


>雅さま
感読おつかれさまです。

たしかにサクリサクリと死んでいくので怖さがあまりなかったような気がしました。
鬼隠しは「殺されるかもしれない」という恐怖がありましたからね。
次回に期待です。

マリアはなんとなく事件とはなにも関係ないような気がします。ひぐらしで言えばレナのような。
レナがただのオヤシロ信者だったように、マリアはただのベアトリーチェ信者にすぎないような・・・?


>SEENAさま
感読お疲れ様でしたー。

バトラたしかにかっこよかった!!
どこまでも立ち向かうバトラはかっこよかった!!!
最初の頃の圭一とは違いますねー。

ちまはベアトリーチェは羽入的な存在としては”い”るけど事件とはなにも関係ないのではないかと見てます。
もしかしたら実際ベアトリーチェも羽入みたいに「あぅあぅ」言ってるような気が・・・
だってほんとに「全部魔女の仕業でした。」ってなっちゃったら続編なんて出す必要ないし。

まぁちまも深くは推理しませんです。
竜騎士先生の脳内は異次元よりも異質ですから(何?!
さくらえび ちま 2007/09/11 23:43 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
HOME | 255  254  253  252  251  250  249  248  247  246  245 
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/23 シシャモ946]
[05/17 お改め甘栗]
[05/05 お]
[05/05 野良]
[04/10 リラン]
[03/27 泡野千波]
[03/15 リラン]
[03/13 テュルフング]
プロフィール
HN:
さくらえび ちま
性別:
非公開
趣味:
イラスト描き
自己紹介:
絵で飯を食っていきたいと本気で考えているえび。
現在、修行中。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア

忍者ブログ [PR]